ドイツ日記(4/6)ラッツェブルクとメルンに行った

160406_01

普通に観光シリーズ。
実はHVVの圏内のため、ハンブルクの全範囲有効の1日乗車券で行けることに気付いたので思い付きで行ってきた。
写真はラッツェブルクの広場です。
何故駅じゃないのかというと、無人駅で見栄えもあんま良くなかったからです…。
時計も壊れてたしな。

因みにラッツェブルクの駅から中心部の広場(マルクト)までは歩くと25分掛かるらしいのでバス乗った方がいいです。
10分くらいで着きます。
車窓からの眺めも良いです。

160406_02

小奇麗な道を通ってー。

160406_03

大聖堂へ。
写真だと若干地味目ですが実物見たら重厚な迫力のある佇まいをしてます。
ロマネスク様式で北ドイツ最古らしいです。
塀の中、いきなり墓地(そこそこ広い)なのでちょっとびびる。
修道院の方は工事中のため閉鎖中でした。
いつどこに行っても何かしら工事中な気がする。呪。

160406_04

最近教会で蝋燭立てるのにちょっと嵌ってる。
結構な数立ってるので訪問者数は多いのかも。
私が行った時は自分以外3人くらいしか見てないですが。

160406_05

160406_06

160406_07

この落ち着いた内観は結構好きです。

160406_08

塀越しに湖が見える。

160406_09

ちょっと寄ってみた。

160406_10

別アングルからも撮っておこう。

160406_11

湖に囲まれた格好になっているので、反対側に歩くとまたすぐ湖です。
夏には湖へ漕ぎ出すんでしょうか。

160406_12

大聖堂付近。
建物がみんな似てる。

160406_13

広場へ戻ります。
広場のバス停からメルンまで路線バスで30分ちょっとくらいで行けるっぽい。
駅に戻って電車で行くより早いと判断してこっちを利用しました。
路線バスって町中を結構走り回るのでぼーっと眺めるだけの観光には意外と向いてるような気もする。

160406_14

多分この写真からメルンだと思うんだけどな…(忘)。

160406_15

160406_16

ラッツェブルクとは少し趣の違う可愛い街並み。

160406_17

右の建物がティル・オイレンシュピーゲル博物館なんだけど、着いたのが閉館10分前とかだったので入らず。
16時閉館って早くね?

160406_18

向かいの教会があるところは少し高くなってて、ちょっと眺めが良いです。

160406_19

因みにここも両サイドが工事中…。

160406_20

一応入ってみた。
こっちの蝋燭は大分短くなった2本しかなかった。
せっかくなので隣に。

160406_21

160406_22

160406_23

小さいけど綺麗な教会でした。

160406_24

バスからなんか見えたのをちょっと探してみたら、発見。
誰かのアトリエらしい。

160406_25

もっかい教会の方を通って駅に向かいます。
手前は旧市庁舎らしいです。

160406_26

160406_27

こちらの町も湖に面してます。

160406_28

駅です。駅ですけど、ホームへはこの建物の横を通って行きます。
建物入りません。
入れるのかも、そもそも人が居るのかも不明。

160406_29

ホームの向かい側。
Öのフォントが顔っぽくてちょっと可愛い。

Category: Deutschland | No Comments

コメントをどうぞ

  • *投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop