ドイツ日記(1/25)アイゼナハに行った

160125_01

写真は写真はヴァルトブルク城の前から撮ったやつ。
完全に山。

なおアイゼナハ駅からのバスは時間が合わなかったのでタクシー。
13ユーロでした。

160125_02

こんな城です。
入場料9ユーロで、追加で2ユーロ払ってフォトチケットを買うと中で写真撮っていいとのこと。
写真はマークついてる場所だけOKらしいです。

「次のガイドツアーはいつ?」
2分後
「まだ買えますか?」
大丈夫

ということで、すごいタイミングで入り込んだ…。

入口でどこから来たのか聞かれたので、日本ですって言ったら日本語のパンフレットくれた。
ガイドツアー自体はドイツ語ですが、それ見て多少は補える感じです。

160125_03

騎士の間とやら。

160125_04

反対側にあった絵。
クリーチャー…らしい…。

160125_05

エリザベートの居間
暗くなっちゃったけど四方にモザイクで彼女のストーリーが描かれています。

160125_06

天井。
きらっきらですよ。

160125_07

礼拝堂。
壁に700年ものの絵がありますが、今ではあまりよく見えませんね。

160125_08

_人人人人_
> 逆光 <
 ̄Y^Y^Y ̄

次が歌合戦の間なんですが、写真マーク見当たらなかったので撮ってません。

そのあとエリザベートギャラリーっていうのが存在するらしいんだけど、この日は閉まっているとのことで見れませんでした。

160125_09

祝宴の間。
ゴージャス。

160125_10

全体はこんな感じ。
椅子が片付けられてるのがなんか雰囲気がちょっとアレですね…。

ガイドツアーはここまでで、博物館を経て最後にルターの部屋があります。

160125_11

この先ルターの部屋って書いてある横に居たやつ。

160125_12

ルターが聖書を訳したという部屋。

160125_13

狭い狭いと言われているようだけど、個人的には結構広くて快適そうだと思ったよ。
暖房もあるし。

160125_14

外からもっかい眺める。

160125_15

鳥が居る。

160125_16

カフェがあったのでバスの時間を待ちつつお茶。
ケーキにフォークを横から突き刺して出してくれる斬新さよ。

バスで一旦駅に戻る。1.7ユーロ。

160125_17

街をちょっくら歩いてみましょう。
ゲオルグ協会。

160125_18

ルターの家。
_人人人人人人人_
> 月曜日休み <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
ということで入れませんでした。
というか横がなんだか工事中真っ盛り感のある覆いされてたけど、改装って去年の秋に終わったんじゃなかったのかよ。

因みにワーグナー博物館も月曜日休み。
というか週末しか開いてないらしい。
曜日は気を付けた方がいい。

160125_19

ドイツの市庁舎(Rathaus)といえば観光地って相場が決まっているので一応見に行く。
教会より大分小さいですね。

滞在時間は半日程度でしたがまあ大体うろつきまわれたのでこんなもんでしょう。
冬は観光客少なくて市内観光バスとかも動いてないので季節も考えた方がいいですね。
(但し城カフェが空いててのんびりできるメリットは捨てがたい)

Category: Deutschland | 4 Comments

4 Comments

コメントをどうぞ

  • *投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop