ACCEPT 11/10 名古屋Bottom Line

141110-1
2年ぶりですな。
今回も行ってきました。

実は整理番号20番台だったんですが、仕事終わってから行ったらとっくに番号呼び終わってたので全く恩恵にはあずかれません。
最近こんなのばっかりだ。
前回と比べると結構入ってたように感じましたが、そこそこ良い位置で見ることはできました。
しかし何故PAブースがあんな変な場所にあるのか…。

そしてよく見たらチケット代が500円値上がっている。つらい。

取り敢えずセトリ拾ってきた。

新譜とRestless And Wildばっかり聴いてた身には割と優しいセトリであった。

ボーカルのマーク・トーニロは若干ダイエットに成功した感あった。
ちょっぴりですが、シルエットがシュッとしたような気がします。
それに伴ってか相変わらずシャウト絶好調ですね。

グイグイ前に出てくるギター&ベースのウルフ・ホフマンとピーター・バルテスはフォーメーションもバッチリで安定感もあり、暇さえあれば客を煽ったりと忙しい人たちであった。
この会場はステージの真ん中にちょっとせり出した場所があるんだけど(1人分ぐらいのスペース)、代わる代わる誰か出てきて便利に使っているようであった。

新バンドでも注目のもう1人のギター、ハーマン・フランクは基本後ろの方で地味に地道に仕事をこなしているようだった。
すごくたまに前に出てくるとなんかテンション上がる。なんとなく。

ドラムのステファン・シュヴァルツマンは結局最後まで日の丸鉢巻したままだった。
そういえば後ろにあった銅鑼はいつ使うんだろうと見てようと思ってたのに結局忘れてたので分かりませんでした…。

ピック取った!

141110-2

因みにミーグリは絶賛外れました!
まあ多くは望むまい…。

おしまい。

Category: Live|Tag: | No Comments

コメントをどうぞ

  • *投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop