Tシャツカスタム記1

最近なんとなくマイブーム化してきたTシャツのカスタマイズ。
もう半袖の季節がほぼ終わりゆえ、しばらく出番無さそうなのでメモっとく。

140921-1

ちょい前にライブ行くように作ってみたやつ。
因みにファスナーは開閉可能。

なんか楽しくなってきたのでもういっちょ行ってみました。

素材はこちら。

140921-2

Carcassの時に買ったやつ。
グレーのヤツと2枚買ったんだけど、そのグレーの方が気に入りすぎてこっち全然着てなかったので手を入れることに。

フェーズ1 切る

普通のTシャツって首周りが狭くていまいち可愛くないので問答無用で切ります。
開き具合の気に入ってる既製品を参考にしてチャコペンシルで印を書いて、鋏でじょっきり。

ついでに肩もちょっと切っておくとアクセントになります。

水性ペンタイプだと見えない。ペンシルタイプでできれば白が良い。

場合によってはこれで終了。今回はもうちょっと。

フェーズ2 ファスナーを貼って縫う

ファスナーは今回は20cm2本と14センチ1本使用。
長さや色はお好みで。
稼動部分は金属製・アンティークゴールドのがオススメ。

いきなり縫い付けても良いですが、ズレまくってやりにくいので、一旦布用両面テープ手芸用ボンドで貼ると楽です。
というか綺麗に貼れれば別に縫わなくても良いです。

フェーズ3 ヒモを縫い付ける

上のUNISONICのTシャツにはやってあるんですが、肩の切ったところにヒモが縫い付けてあります。
面倒な割にはそんなに目立たないので、あんまりやらなくてもいいかな…。
今回はやってないです。
使う場合は1mあれば十分。

こんな感じになりました。

140921-3

例によってファスナー全部開きます。

140921-4

中に赤いキャミソール重ねてみたら結構良い感じだ…。
首のところにぴろぴろ出てるヒモはキャミソールに付いてるリボンです。
クロスさせて首の後ろで縛るのさー。

あと赤ファスナー2本と長いやつも買ってあるので少なくとも2枚は弄る予定。
しかし手芸屋でファスナーばっかり買っていく変な客である…。

Category: Memo | No Comments

コメントをどうぞ

  • *投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop