Primal fear 6/4 名古屋Bottom Line

アルバム出ましてなんと7年ぶりの来日だそうで。

そんなに熱心なファンでも無く単なる後追いミーハー状態のため、自重して遠くから眺めるよ私は。
と思ったら最後列ブロックが閉鎖されていて段差上がれないトラップに遭う。
まぁその手前が全然空いてたので段差の柵を背もたれにしてそこから見ることに。

ドリンクカウンター付近だったので、開演前は結構人が前を横切っていくんだけど、どこから来たのか明らかに日本人じゃないお客さんも結構居たような。
そしてドリンクメニューの英語版が用意されていることを知った。えらい。

というかいつまで待っても人が増えない。
これクアトロとかでよかったんじゃないのか…。
なまじ前回この会場に来た時(マイケルシェンカー)が満員御礼状態だったため、ちょっと寂しかった。

そんな若干(いや、大分か)密度の低いフロアをよそに、ステージはかなりパワフルで熱いものであった。

向かって右のギター、アレックスはずっとにこにこしててアクションがなんか面白いのでついずっと見てしまう。

マット・シナーは思ったより普通めなドイツのおじさんって感じであった。でも髪の毛さらさらー。触ってみたい。

体鍛えすぎ系男子のラルフ、かなり余裕のあるステージで、後半になっても全くダレず、最後も「もう終わり?」と思うレベル。

しかし人口密度が恐ろしく低い場所に居たせいか、なんだかライブに来ている感がとても薄かった。
どうせなら次週に来たGamma Rayとセットでも良かったんではないかと思いました。

Category: Live|Tag: | No Comments

コメントをどうぞ

  • *投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop