CHTHONIC 2/25 名古屋Club Quattro

140225-1

去年の高砂軍再現ツアーは名古屋公演が無く、遠征する余裕も無くて泣く泣く諦めましたが、今回は飛ばされなかったので3A権行使してさっさとチケット確保して行ってきました。

実は整理番号4番とか持ってたんですが、仕事終わりで行ったため、特に恩恵を受けることはありませんでした。
まぁそんなに前で見たい訳でも無いけど。
あ、でも確か500円安かった。

物販が会場内でやっていたようだったのでもしや…と思ったけど予想以上に人が少なかった。
おかげで出遅れたのにちゃっかり椅子使えました。
遠目で眺めた感じだと去年のソナタ単独より空いていたような気もします。
それでも途中で徐々に会社帰り組が到着してきたのかブラステが終わる頃にはそこそこの入りだったかも。
ただしChthonic始まってから入っても場所さえ選ばなければ2~3列目ぐらいには行けそうではあった。

ゲストバンドはBLOOD STAIN CHILD。
名前ぐらいは前々から知っていたけど聴いたことは無かった。
20分ぐらいで終わってしまったのでちょっと短いかなと思ったけどなかなか良かった。
プロジェクターで横の壁にダイレクトで映像映してたけど、壁面かなりゴツゴツしてるし段差もあるし色もあるのであまりよく見えなかった。
ドリンクカウンター前に座ってたので角度的によく見えた場所だったと思うけどそれでもあんまり良く見えず。というか、そっち見てるとステージが見えないよ…。
転換の時間を短縮するため、ステージの奥にドラムセットが待機してるのがチラ見えしてたけど、こういうのが無ければ背面にスクリーン下ろして映せるんだろうか。
プロジェクターが横向けるならスクリーンも出せそうなのにな。謎。
そっちは途中から無視しちゃったけど、エレクトロ的なメタルは全然無知ですが楽しかったです。
凄く関係無い話だけど、音源リリースからリリースイベントまでのスパンが開きすぎじゃないかい?と思ったのは私だけでしょうか…。

さて、Chthonic。
セトリは誰かがsetlist.fmに上げてくれるだろうと他力本願決め込んでたら大阪のしか無かった。しかもなんか短いから途中っぽい。
帰り際にセトリ紙貰ってた人に写真撮らせてもらえば良かった。でもチラッと見たら全部漢字(台湾語表記)で全然読めなさそうだったんだよなぁ。
一応武德のリリースツアーということですが、過去作品の曲もバランス良く組み込まれていて良いセトリだったと思う。
個人的にはSouthern Crossが聞けたのが嬉しかった。
Rage Of My Swordは今回のツアーでは日本でしかやってないらしい。
ちゃんと二胡も持ってきてるから偉い。
実はCDを全て持っている訳ではないので知らない曲もちょっとありました。
客層がどんな感じなのか計りあぐねていましたが、思いのほか走り回ってる人も結構居て賑やかだった。
MCにて
「大阪でオフの2日間は大阪と京都の観光を楽しんだけどCJはずっとホテルに居た。
しかも今彼は風邪を引いている」
出かけてすらないのにどこで拾ってきたんだ…。
ですがそれを感じさせない良いライブであった。

終演後、せっかくなのでまだ持ってなかったCDを1枚買いました。
おまけがついてきた。

140225-2

客入りはぼちぼちでしたがしっかり盛り上がってたし、次回も飛ばされないといいな…。

Category: Live|Tag: | No Comments

コメントをどうぞ

  • *投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop