ヴィンス・ニール「今が最盛期」

MOTLEY CRUEのシンガー、ヴィンス・ニールは最近のインタビューで彼の声は「多分」彼のキャリアにおいて最も良い状態なのだと語る。

元記事:Loudwire
例によってざっくりした訳。

51歳になっても歯切れの良い声を保ち、30年以上に渡ってバンドメンバー(それもMOTLEY CRUEなんてバンドで)と良好な関係を維持することは簡単ではない。

まず脚の骨折とせれによるパフォーマンスへの影響について語った。
「まだ折れてるよ!」と叫んだ。「2箇所折れて継ぎ合わせができないからブーツを履かないといけない。でも医者が寄越したブーツはとても頑丈で、ステージでも動き回ることができる。さすがに重くて軽々飛び跳ねることは出来ないけど。でもショウも何もキャンセルしないで済んでいるしそれで充分だ。完治までには3~6ヶ月掛かるって言われたよ。」

何年もややっこしいことで有名なバンド内の関係について語った。「うまくいっているよ。と言うより、良い時間を過ごしているよ。ツアーの移動もばらばらだ。トミーもニッキーもそれぞれ子供を連れ出してるし、スタッフもそんな感じだ。」

最後に、ヴィンス・ニールは最近の彼の歌声について語った。「ここ数年、多分今までで最も良い状態だ。そして纏まった期間休んでしまうと元に戻すのは難しい。3日連続でショウをやった最後の日より、1日休んだ後の方が歌うのが辛かったりする。ワークアウトみたいなもので、使えば使うほど強くなる。」

最近のライブを見た人へ:本当に彼のボーカルはキャリア最高の状態かい?

Category: HR/HM|Tag: | No Comments

コメントをどうぞ

  • *投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop